一般廃棄物収集運搬業許可を取得するためのヒトやモノの許可要件をお伝えします。

申請先の市区町村によって若干基準が異なりますので実際に申請を行う際には、申請前に十分な確認が必要となりますが、一般的には以下の要件を満たしてることが必要です。

・産業廃棄物収集運搬業許可を既に取得していること。

・申請先の市区町村に営業所(事務所)と駐車場があること。

・駐車場に、洗車設備を有していること。

・廃棄物を収集する車両(一般的にはパッカー車を3台)の使用権限があること。

一般廃棄物収集運搬業の許可を得られない方(欠格要件)

一般廃棄物収集運搬業には、せっかく行政が募集を行っていても、申請が受け付けられない欠格要件というものがあります。

具体的には、以下のような方が、欠格要件該当の方とされて、許可の取得ができなくなります。

1. 精神障害や認知症などの理由で判断能力がないとされる方(成年被後見人、被保佐人)または自己破産をしたまま復権をしていない方。

2. 禁固刑以上の前科があって、刑が終わってから5年が過ぎていない方。

3. 廃棄物処理法の関連法令に基づく処分を受けてから5年が過ぎていない方、または暴力団対策法に基づく処分を受けてから5年が過ぎていない方。

4. 廃棄物処理法・浄化槽法における許可を取り消されてから5年が過ぎていない方。

5. 廃棄物処理法・浄化槽法における許可取り消し処分の通知があった日から、実際の処分の有無が決まる日までの間に事業廃止の届出をした方のうち、その届出から5年が過ぎていない方。

6. 5の届出に該当する事業者の役員や使用人(支店長など)だった方のうち、その届出から5年が過ぎていない方。

7. 一般廃棄物収集運搬業の業務において、不正または不誠実な行為をする可能性がある方。

8. 申請者が営業能力のない未成年者で、その代理人が1~7に該当する方。

9. 申請者が法人で、役員や使用人に1~8に該当する者がいる方。

10. 申請者が個人で、そのうちの使用人に1~7に該当する者がいる方。

なお、欠格要件は自治体によって違いが出る場合もあります。