一般廃棄物収集運搬業許可を取得するための流れをご説明します。

1.申請書の受付窓口である市区町村に、新規許可交付の予定があるかどうか確認します。

募集を行っている市区町村もあれば、行っていない市区町村もあります。
募集を行っている市区町村には、さらに事前協議制を取っていたり、受付期間を定めていたりする所もありますので、よく確認しましょう。

2.新規許可交付の予定があれば、人的・物的許可要件を確認の上、担当部署と綿密な協議を行います。

事前協議制を取る市区町村では、担当部署との協議が始まります。
どこからゴミを収集するのか計画書を作ったり、事業で使う車を確認したりします。業務で使用する車(パッカー車等)の車検が切れていたという事がないようにしましょう。

事前協議の一般的な流れ(※事前協議がある場合)

1)『事前協議の申込』
担当者と日程を合わせて予約をします。

2)『担当部署から計画についてのヒアリング』
どこで、どのような廃棄物を取り扱うのか、必要書類や
その他必要なものを確認します。

3)『事前協議書の提出』

4)『市区町村で協議』
提出された事前協議書を基に市区町村で協議を行います。

5)『市区町村から申込者に質問等』
協議書に不明な点などがある場合は質問が来ます。
修正が必要であれば修正をしたり、回答をしたりします。
4)に戻り市区町村で協議を再度行います。

6)事前協議終了

※協議の流れは自治体によって異なりますので、一般的な流れを示しています。

3.申請期限に間に合う様に申請書類一式を作成し、提出する。

申請後、市区町村での審査期間を経て、許可証が発効されます。

窓口に提出する書類は、窓口によって千差万別です。その窓口にあった添付書類を集める必要があります。

以上が許可取得の概要です。