そもそも一般廃棄物収集運搬業とは、どのような業(ビジネス)なのでしょうか?

お住いの市区町村で、毎週決められた曜日にゴミ集積場に出した家庭ごみを、パッカー車で収集することが最もイメージし易いでしょう。

一般廃棄物収集運搬業という名前からもお分かりの通り、一般廃棄物を収集運搬する事業となります。

ここで、産業廃棄物収集運搬業とは何が違うの?と疑問に思われるかもしれません。

そのためには、まず、廃棄物が一体どのように定められたものなのかについてご説明いたします。

この法律の中で廃棄物は、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であって、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによって汚染された物を除く。)を指すと書かれています。

その上で一般廃棄物とは、廃棄物のうちの、産業廃棄物以外の廃棄物だという形で法律で規定されています。

つまり一般廃棄物を知るためには産業廃棄物が何かという事も知る必要があります。

では、一般廃棄物を知るために必要な産業廃棄物とは、どのように決められているのでしょうか・・・?

産業廃棄物として定められたゴミは、事業活動に伴って生じた廃棄物の内、政令で定められた種類のゴミとされています。例えば、建設工事の現場で発生したゴミや、病院、飲食店等から発生したゴミ等、ビジネスを行う上で発生したゴミという事になります。

(1)事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定めている廃棄物
(2)輸入された廃棄物(船舶や飛行機内で発生したゴミや、旅行者の持ち帰りのゴミは除きます)

この(1)、(2)以外の全ての廃棄物が、一般廃棄物という事になります。

一般廃棄物として定められたゴミは、家庭廃棄物と事業系一般廃棄物とされています。家庭廃棄物はその名の通り、一般家庭で通常発生するゴミです。事業系一般廃棄物はビジネスを行う上で発生したゴミの内、産業廃棄物以外のゴミになります。

なお、産業廃棄物も一般廃棄物も、爆発性や毒性、感染性などがある危険な廃棄物は、さらに特別な管理がひつような廃棄物という事で、「特別管理一般廃棄物」「特別管理産業廃棄物」という扱いになります。